老齢期になってから発症|うつ病にはいくつも種類がありますが早めの治療が大切です
レディー

うつ病にはいくつも種類がありますが早めの治療が大切です

老齢期になってから発症

カウンセリング

働き盛りでもある若年層にうつ病の発症が見られますが、高齢者になって発症することもあります。60から65歳の老齢期になってから発症するのを退行期うつ病というのです。この病気は、年齢が上がるほど発症しやすいもので、身体的な症状が強く現れるのが特徴でもあります。歳を重ねるごとに、さまざまな身体機能は衰えてしまうため、今までできていたことができなくなったり、死を意識してしまったりすることから精神的にも追い詰められてしまう傾向があるのです。まだまだ働きたいと思っている人でも、老化によって仕事の能力が低下することもありますが、働けなくなったと同時に退行期うつ病になってしまうこともあります。退行期うつ病には種類がありますが、名称が変わるだけで症状や治療法などはほとんど同じです。どの種類にも決まった症状があるので、本人や周囲の人が早めに気付くことが重要になります。
退行期うつ病の場合、精神的なダメージは少なく、活動を活発に行なうことができます。一般的なうつ病と同様の症状が出ることはありますが、強くは現れないため、気付きにくいのです。精神的なものよりも、身体的な症状が多くなるのですぐにはうつ病だと確信することは難しいのです。身体的な症状にもたくさん種類がありますが、中でも多いのが腰痛や頭痛といったものになります。また、頻尿や消化器系の違和感といったものも出ることから、高齢期になってから体調を崩しやすくなった人は病院に行くことを心がけましょう。心筋梗塞など大きな病気から退行期うつ病に発展することもあるので、注意が必要になります。どの種類の症状も、高齢期になると出てくる痛みや症状と似ていることから、体調不良なのかうつ病なのか判断しづらいことが多いでしょう。本人が精神的なものだと自覚することが少ないので、病院に連れて行くことができない場合もありますが、早めに改善するためには周囲のサポートを受けながら通院することが大切です。まずは内科を受診して、そこから医師の紹介によって精神科で治療を受けるケースがほとんどになります。体への負担がどんどん大きくなってしまうことから、痛みが長く続く場合は医師に診てもらうのが良いでしょう。