治療が必要になる|うつ病にはいくつも種類がありますが早めの治療が大切です
レディー

うつ病にはいくつも種類がありますが早めの治療が大切です

治療が必要になる

女の人

女性にとって重要なものでもある出産ですが、出産に伴って女性の体は変化していきます。そのため、マタニティーブルーや産後うつ病といった症状を引き起こしてしまうこともあるのです。どちらも同じ意味だと捉える人は多いですが、症状や特徴は異なるので注意しましょう。家族にとって喜ばしい出産でも、精神的にも肉体的にも妊婦さんに大きな負担を与えてしまうケースがあります。マタニティーブルーは出産後すぐに発症するもので、情緒不安定になりやすくなるのです。育児や生活をする意欲が湧いてこなくなり、将来に対して不安になるといった症状が出ます。不安感から不眠症になることもあるため、体に負担をかけてしまうのです。しかし、マタニティーブルーの場合、しばらくすると症状が安定して育児や家事をこなせるようになることから、発症した場合はゆっくりと体を休めることが重要になります。マタニティーブルーはホルモンバランスの乱れによって起こるもので、10日から2週間経過すると回復する傾向があります。産後うつ病の場合は、マタニティーブルーとは違って、時間が経過しても回復することはありません。出産後の女性はデリケートになるため、患ってしまう病にもいくつか種類があるのが特徴です。しかし、産後うつ病は悪化してしまうと家族にも影響を与えてしまうことから、しっかりと治療を行なう必要があります。産後うつ病の症状にはたくさん種類がありますが、マタニティーブルーの症状と似ているものもあるので、治療を先延ばしにしてしまうこともあるのです。子育てによる疲れやストレスが引き金となって発症するので、産後2週間から3か月にかけて症状が出てきます。大うつ病と同じ症状が見られることから、早めの治療が必要になるのです。産後に発症しやすい病には種類がいくつかありますが、その中でも産後うつ病は母親だけではなく赤ちゃんにもストレスを与えてしまう可能性があるため、気付いた際にはすぐに医師に相談しましょう。マタニティーブルーは周囲のサポートがあることで、克服することは可能です。しかし産後うつ病はどんどん悪化していってしまうので、放置せずに代表的な症状の種類や、気になる症状が出たら精神科に行きましょう。