1つだけじゃない様々なうつ病の種類

うつ病にはいくつも種類がありますが早めの治療が大切です

治療が必要になる

女の人

産後の女性はデリケートで、ホルモンバランスが乱れやすいことからマタニティーブルーや産後うつ病になる可能性があります。それぞれの症状には種類がありますが、産後うつ病は治療が必要なため、注意が必要です。

詳細へ

自覚症状が薄い

医者

決められた季節に反応して発症してしまう季節性うつ病ですが、自覚症状が薄いことから、すぐに気付くことができません。症状にはいくつか種類があるため、異変を感じたら医者に相談しましょう。

詳細へ

体にもダメージを与える

女の人

身体的にも精神的にも大きなダメージを与えてしまううつ病ですが、さまざまな種類が存在します。種類によって、目立つ症状は異なりますが、基本となる症状が出るのは大うつ病です。代表的な症例として挙げられることが多く、メディアにも取り上げられやすい症状でもあります。大うつ病を発症すると、好きなものや趣味に対する気持ちが薄れてマイナスな感情が現れてきます。喜びや好奇心だけではなく、性的関心も希薄になってしまうのです。普通に生活していて、悲観的な思考になったりマイナス思考になったりすることもありますが、大うつ病の場合は常にマイナスな感情をむき出しにしてしまいます。わけもなく不安感を覚えたり、強い劣等感に苛まれたりするため、日常生活にも支障をきたしてしまうのです。大うつ病の場合、身体的にも負担がかかることが多く、体の痛みを感じることもあります。痛みは人によって異なりますが、ベッドから出られなくなるほどの痛みを感じることもあるのです。手足や腰、背中など全身に現れることから、原因がわからないまま苦しむ人も多い傾向にあります。痛みがなくても、倦怠感や食欲不振といった症状も出るので、どんどん衰弱していってしまうのです。大うつ病の症状は、周囲の人が支えても改善できないことが多く、基本的には心療内科による治療が必要となっていきます。症状を悪化させないためには、カウンセリングを利用したり心のケアを行なったりすることが大切で、1人で抱え込まないようにすることが重要になります。誰でも気分が落ち込んだり、全てを投げ出したくなったりすることはありますが、そういった症状が長い期間続くなら、大うつ病の可能性があるので、早めに心療内科に行きましょう。治療を早めに行なうことによって、心の負担を軽減させることができ、快適に生活を送れるようになるのです。大うつ病は若年層から中高年まで発症するリスクが高いことから、油断できない病でもあります。自覚症状が出やすいものから、気付きにくいものまであるので、普段から意識することが重要になるでしょう。些細なことから発症してしまうこともあるため、気になる症状が出た場合はなるべく早めにカウンセリングを受けるなど、対策をすることが大切です。完治するまでに時間がかかってしまうケースが多いですが、症状によっては短期間で治せることもあるので負担を減らすことができます。

周囲にも気付かれにくい

男性

微笑みうつ病が出す症状にはいくつか種類がありますが、周囲にも本人にも気付かれにくいといった特徴があります。体調が悪くなって、それがしばらく続く場合は精神科に駆け付けるのが良いでしょう。

詳細へ

老齢期になってから発症

カウンセリング

老齢期になってから発症する退行期うつ病は、身体的な症状が多く見られる傾向があります。本人が病を自覚することが少ないため、周囲のサポートが重要です。大きな病気を患った後にも発症することが多いので注意しましょう。

詳細へ